グーグル・ペンギンアップデートはライブ更新へ

Google ペンギンアップデートは、継続的に更新適用されるように切り替えられた。今後は特にペンギン適用時点が公式発表されることなく、日常の検索順位のライブ更新の過程で適宜同アルゴリズムが適用され続けるようになる。


公開日時:2014年12月11日 13:47

米Google は2014年12月10日、現在のペンギンアップデートは最適化を行いながらライブ更新されていることを明らかにした。同社広報担当が Search Engine Land に語った。

That last big update is still rolling out — though really there won’t be a particularly distinct end-point to the activity, since Penguin is shifting to more continuous updates. The idea is to keep optimizing as we go now.[Google Spokesperson]

最新の大きなペンギンアップデートは引き続きロールアウトされている。しかし特に明確な(アップデート)作業完了時点が用意されているわけではなく、ペンギンは絶え間なく更新されるように切り替えているとのことだ。ライブ更新により常に最適化を維持することが狙いだ。

9月末以降、Googleオーガニック検索順位の度重なる変動が確認されていたが、この背景にはペンギンの更新タイミングがある一時点での適用から、継続的な更新適用に変化したことがあったようだ。

元々ウェブスパム排除を主目的としたペンギンアップデートは、Google システム内部でデータ処理が完了後のある特定の時点で更新が処理されてきた。直近のペンギン3.0は2014年10月に行われたが、その前のペンギン2.1は1年前に遡る。今後は日常のランキング処理と平行して当たり前のものとなりそうだ。

ペンギンが継続的更新に変化することでウェブマスターサイドにどのような影響があるのかについて Google は言及していない。ただ、問題のあるリンク削除やリンク否認リストを Google 送信後に、それが検索結果に反映されるまでの時間は短縮される可能性はありそうだ。


Google To Continuously “Optimize” The Penguin Algorithm As It Goes
http://searchengineland.com/google-says-penguin-shift-continuous-updates-210580


#



辻さんよかったですね原因わかって。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。