ドメイン登録サービス「Google Domains」が一般公開

グーグルのドメイン登録サービス Google Domains が米国ユーザー向けに一般公開。


公開日時:2015年01月14日 07:40

米Google は2015年1月13日、ドメイン登録サービス「Google Domains」ベータ版を米国ユーザー向けに一般公開した。

昨年6月開始時点では招待制だったが今回、米国在住ユーザーに解放された。米国以外からドメイン登録を行おうとすると下記のメッセージが表示される。今後、利用対象国を増やしていく模様だ。

We're sorry. You appear to be in a country where Google Domains is not yet available. You may search for domains, but you will not be able to purchase a domain unless you have a U.S. billing address. Learn more Get notified when Google Domains is available in your country.

Google Domains は年間12ドルからドメインが登録できる。Google Apps や Blogger 等との連携・統合が容易なのが特徴。追加費用を払うとダイナミックDNSサービスや Squarespace や Weebly、Wixといったパートナーと連携したウェブサイト構築機能なども利用できる。


Google Domains
https://domains.google.com/about/

Google Domains ヘルプ
https://support.google.com/domains/#topic=3314003


Making it easier to get your business online with Google Domains
http://googleandyourbusiness.blogspot.jp/2015/01/making-it-easier-to-get-your-business.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。