Google、スマホ検索結果にも robots.txt によるブロックの旨を表示開始

Googlebotのクロールをモバイルサイトで拒否していると、スマホ検索結果にもそのメッセージが表示されるようになったという仕様変更を実施。


公開日時:2015年01月28日 15:32

英GoogleのAde Oshineye氏(デベロッパーアドボケイト)は2015年1月27日、モバイルサイトが Googlebot のクロールを拒否している場合に、デスクトップ版検索結果と同様に、robots.txt によりブロックされている旨のメッセージを検索結果のスニペット欄(説明文表示欄)に表示するようにしたことを公式に発表した。

For that reason, starting today, we’ll display a message in place of the description snippet for mobile search results blocking Googlebot for smartphones, just as we already do for search results blocking Googlebot. [Ade Oshineye, Developer Advocate at Google]

ニュースのポイント

Googlebot を拒否していれば robotx.txt でその旨の通知と共にスニペットが表示されないことは当たり前のこと、それがスマホ検索結果にも導入されたという話だ。従って、モバイルサイトを運営しており、(モバイル)検索結果に適切に表示されることを希望するのであれば、モバイル版サイトもきちんとクロールさせなさいという基本事項が守られているかを確認すればよい。


CSSやJS、画像フォルダへのアクセス許可の重要性を広めたい意図か

一般的なウェブマスターにとっての本件のニュースバリューは大したものではない。Google としては、将来の検索体験を優れたものにするために不可欠な、JavaScript や CSS、画像フォルダなどページレンダリングにかかわる重要なリソースに対してアクセス許可を与えることの重要性をウェブマスターに周知し、そのアクションを促すめの動機づけとして、メッセージを表示するという「不利益の可視化」を1つのステップとして導入したと考えると納得できるものだ。


#
本文で指摘した通り、(SEO担当者視点で見れば)そりゃそうだろ的な話なのですが、どうでもいいことをどうでもいいと認識することも大事なので記事にしています。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。