[公式] Google、モバイルフレンドリーなページを検索上位へ

グーグル、スマホユーザーに、スマホ対応サイトを検索上位へ。モバイルフレンドリーさを検索順位を決定するランキング要因として考慮。


公開日時:2015年02月27日 08:36

Google は2015年4月21日より、モバイルへの対応度(モバイルフレンドリー)をランキングシグナル(順位を決定するための手がかり)として活用すると公式ブログで発表した。

この変更は4月21日より全世界、全ての言語に適用となる。今後、スマートフォンユーザーは、スマホからの情報取得・閲覧に適したサイトを容易に見つけられるようになる。同社によると、検索結果に多大な影響が及ぶとのことで、4月21日とランキング要因導入日時を具体的に述べているのは「その日までに対応準備を進めてほしい」という意図なのだろう。

従来から、[スマホ対応] ラベルを表示したり、モバイル フレンドリー テストといった各種ツールやドキュメントを提供するなど、Google は検索の関連性においてモバイルフレンドリーという要素を非常に重視していることは明らかだった。直近でも、モバイルフレンドリーサイトに関するメッセージがウェブマスターツールに多数届いているとの報告が検索・SEO関連のコミュニティ(掲示板)や Twitter などで報告されていたこともあり、Webサイトのスマホ対応度合いをランキング要因として正式採用されることが間近であることを示す兆候も見られた。

これまで展示会や Google+ Hangout などで Google社員は公式には否定していたが、「現時点では公式に発言できない」といったニュアンスが多分に含まれており、今回の発表は業界関係者にとっては特に驚きはないだろう。


Finding more mobile-friendly search results
http://googlewebmastercentral.blogspot.co.uk/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html


#
本文で書いた通り、知ってた。
スマホ対応サイトをお持ちの方は、Mobile-Friendly Test や Mobile Usability Report といった Google提供のツールを参考に、問題を改善するとよいでしょう。





記事カテゴリ:Google 2010-2016, モバイル検索



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。