仏データ保護規制当局・CNILが「忘れられる権利」を全世界のGoogle検索サイトに適用するよう命令

フランスのプライバシー保護当局・CNIL がグーグルに、現在欧州内に限定されている「忘れられる権利(RTBF)」を全世界の Google検索ドメインに適用拡大するよう命令を出した。


公開日時:2015年06月23日 12:51

フランスのデータ保護規制当局・CNIL※は2015年6月12日、欧州で昨年認められた「忘れられる権利」(Right to be Forgotten, RTBF)の適用範囲を、欧州域外のすべての Google検索サイトに拡大するように命じた。15日以内に指示に従わない場合、制裁を科す構えだ。

※ CNIL = Commission nationale de l'informatique et des libertés: 情報処理および自由に関する国家委員会

Google は昨年、欧州司法裁判所(ECJ)の判決に従い、現状にそぐわない不適切なプライバシー情報へのリンクを検索結果から削除している。ただし対象は、たとえば google.de(Googleドイツ)や google.fr(Googleフランス)など欧州域内の検索結果画面に限られ、google.com や google.co.jp など域外の検索結果には引き続き表示される。

欧州在住のユーザーが同域外の Google検索サービスにアクセスすることは可能であり、RTBF の対応が不十分だとの批判は絶えなかった。2015年6月22日現在、欧州から寄せられた削除依頼件数は273,049 件、URL総数は 991,439で、うち58.6%が削除されている。国別では、フランスが最多のリクエスト 56,138 件(URL総数 189,078 件)、続いてドイツ(同、順に46,143 件、176,592 件)となっている。

French Privacy Watchdog Orders Google to Expand ‘Right to Be Forgotten’
http://www.wsj.com/articles/french-privacy-watchdog-orders-google-to-expand-right-to-be-forgotten-1434098033

Google Transparency Report
https://www.google.com/transparencyreport/removals/europeprivacy/?hl=en

cf.
EU規制当局、Googleに「忘れられる権利」の全世界適用を求める (2014/12)





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。