Google、新gTLD は従来ドメインと同等に扱うことを改めて表明

グーグルが公式ブログで、新gTLD の扱いについて「ほかのドメインと平等に扱う」ことを改めて説明した。昨年から各所で行っていた説明をあらためて記事としてまとめている。ポイントは、gTLD は他gTLD と同等に扱われること、など。


公開日時:2015年07月22日 18:33

グーグルは2015年7月21日、新しいトップレベルドメイン(新gTLD)を同社の検索アルゴリズムがどのように取り扱うのかについて公式見解をブログに掲載した。

cf. 「.みんな」「.bike」「.coffee」などの新gTLDはSEOに有利ですか?

Googleは新gTLDを従来のgTLD(comやnet)と同等に扱う

昨年公開した上記2つの記事で指摘している通り、Google は新gTLD を他のドメインと同様に扱う。つまり、検索順位を優遇するといった特別なシグナルとして扱うことはない。こうした見解は検索業界のカンファレンスや Google Product Forum などで同社社員が半ば公式的な見解として従来から述べられていたが、それらの見解を改めて記事としてまとめた形だ。

要点をまとめると、新gTLD は .com や .net など他の gTLD と同様に扱われること。地域や都市の TLD (.tokyo)やブランド名TLD も同じく他の gTLD と同じように処理される。つまり、特定の gTLD が検索結果で優遇されることはないという意味でもある。

数多くの新gTLD が生まれたことで SEO 観点の質問が増えた背景には、たとえば .travel というドメインは旅行系の検索クエリに対して順位が有利に働くのではないか?といった具合に、特定の分野を表す gTLD がその分野で順位が上がりやすくなるのか知りたいという素朴な疑問をするウェブマスターが増えてきたことがある。また、かつて .mobi という sTLD (スポンサードトップレベルドメイン)が生まれたときに、一部の業者がモバイル自然検索結果で有利に扱われるといった虚偽の宣伝広告をして新ドメインの販促を行っていたことが問題視された過去があり、正しい知識を多くのウェブマスターにもって欲しいという Google の意向もあると考えられる。

新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/07/googles-handling-of-new-top-level.html

Google's handling of new top level domains
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2015/07/googles-handling-of-new-top-level.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。