Google、パンダアップデート4.2を開始 前回から10か月ぶり

グーグルがパンダアップデートの更新を開始した。Search Engine Land は今回のアップデートを「パンダ4.2」としている。時間をかけてロールアウトされており、完了まで数か月かかる見込み。


公開日時:2015年07月23日 11:48

米Google は2015年7月22日、コンテンツ品質評価に関連する検索アルゴリズム、通称「パンダアップデート」の更新を開始したことを明らかにした。同社が Search Engine Land に伝えた。

cf. 米Google、新しいパンダアップデート4.1の導入発表

2011年2月以後の一連のパンダアップデートの更新履歴を踏まえて、Search Engine Land は今回の更新を「パンダアップデート4.2」と命名している。前回のパンダ4.1は、2014年9月末に実施されており、およそ10か月ぶりのデータ更新となる。

パンダ4.2 は非常に時間をかけて展開されており、更新が完了するまでに数か月かかる見込み。更新を察知したウェブマスターはほとんどいないだろうと Search Engine Land の Barry Schwartz氏はコメントしている。

Google Panda 4.2 Is Here; Slowly Rolling Out After Waiting Almost 10 Months
http://searchengineland.com/google-panda-4-2-is-here-slowly-rolling-out-after-waiting-almost-10-months-225850

#
パンダ更新のたびにいつも同じコメントをしていますが、今回も。

パンダアップデート自体は SEO業界では毎度注目を集めるのですが、本件は本質的に、ユーザーが検索を通じて求めている問題や課題を解決するに足る、検索タスクを完了させるに十分なコンテンツが提供できているか否かにかかっているわけで、ユーザーのほうを向いてコンテンツ開発に取り組む以外に特にいうこともないので、個人的にはどうでもいい話題でもあるんですよね。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。