米Google、人工知能(AI)「RankBrain」を導入していることを明らかに

米Google・Greg Corrado 氏が、検索利用者の検索意図(インテント)を適切に判断するための技術の1つとして RankBrain と呼ばれる人工知能を用いたシステムを導入していたことをブルームバーグのインタビューで明らかにした。


公開日時:2015年10月27日 16:46

米Google の上級科学研究員・Greg Corrado 氏が米Bloombergとのインタビューの中で、人工知能(AI)を用いた RankBrain のシステムを導入していたことを明らかにした。数か月前からすでに実装されており、毎秒処理する数百万もの検索クエリを解釈するために同AI技術が使われている。

特に毎日の検索クエリの15%を占める未知のクエリ(※ 今までに検索されたことのないキーワードのこと)を処理するうえで RankBrain システムは効果的で、たとえば “What’s the title of the consumer at the highest level of a food chain?” といった曖昧なクエリに対して、検索利用者の意図をくみ取ることが可能だ。Google は検索結果を表示するために数百ものシグナル(手がかり)を用いているが、その中で RankBrain はも3番目に重要なシグナルだと Corrado は述べている。

Google Turning Its Lucrative Web Search Over to AI Machines
http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-10-26/google-turning-its-lucrative-web-search-over-to-ai-machines

この報道を受けて、同社 Gary Illyes 氏(Webmaster Trends Analyst)も Twitter で BrainRank について認めている。



#
検索利用者の検索意図(インテント)を適切に判断するための技術の1つなので、2013年のハミングバードなんかが思い出されますね。検索意図の判断に関するものなので、SEO担当者が何か対策をしなければいけないといった類のお話ではありません。





記事カテゴリ:Google 2010-2016



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。