グーグル、Now on Tap 日本語版の提供開始、英語に続いて2言語目

Google、Now on Tap を日本語で提供。アプリやブラウザ問わず、表示している画面上の情報を自動的に解析し、適切な検索や行動のためのアイコンを表示する。


公開日時:2015年11月11日 18:36

グーグルは2015年11月10日、最新の Android 6.0(マシュマロ)で利用できる新機能・Now on Tap の提供を開始したと公式ブログで発表した。日本語は米国(英語)に続いて2言語目での提供となる。

Now on Tap とは、スマホ端末のホームボタンを長押しすると、表示中の画面情報を解析し、関連する検索や行動の操作を容易にするサービス。たとえば、観光地の情報を閲覧していてその場所の確認や行き方を知りたい時、従来であれば地名や住所をコピペして検索したり、Googleマップや経路検索アプリを別途立ち上げてその地名などを入力して検索するといった動作が必要だったが、Now on Tap は長押しするだけで自動的に画面の情報を解析して、ユーザーが求めているであろう物事を抽出、関連する操作メニューを表示する。

ブラウザに限らず、メールや LINE、メッセンジャーなどどのアプリを利用していても Now on Tap は動作する。たとえば LINE で友達と待ち合わせの場所や時間について会話している時、Now on Tap を利用すると Google カレンダーにその予定を登録したり、待ち合わせ予定の飲食店のレビューを確認するためのアイコンが表示される。

Nexus 6P の端末で確認したところ、たとえばスカイツリーの公式サイトを閲覧中に Now on Tap を使うと、スカイツリーまでの電車の運行情報やスカイツリーのレビューや評価、さらに電話、地図、ストリートビュー、ニュースを探すためのアイコンが表示される。ただし、11月11日17時時点では、Android 6.0 の言語設定を「英語(米国)」に設定しないと Now on Tap は動作しなかった。


Android 最新OS で使える Now on Tap が日本登場
http://googlejapan.blogspot.jp/2015/11/now-on-tap.html

#
表示している情報に基づく contextual search ですので、情報に喚起される検索課題は解決できるのですが、ユーザ自身の興味・関心を加味した情報はまだ出せないんですよね。でも、それができるようにならないと Now on Tap が解決できる利用シーンは極めて限定的になってしまうわけで、それだと利用されない機能になってしまうと思うのです。





記事カテゴリ:Google 2010-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。