Google、アプリのストリーミングが可能に、ダウンロードせずにアクセス可能

グーグルがクラウド技術を活用したアプリのストリーミング配信を開始、ユーザーがアプリをインストールしていなくても利用可能に。


公開日時:2015年11月20日 12:05

米Google は2015年11月18日、モバイル検索を強化し、ユーザーが自分のモバイル端末にアプリをインストールしていなくてもアプリを検索し、利用できる機能を発表した。現段階では Android 5.0 または 6.0 を搭載の端末で、Wi-Fi 環境でネットに接続した環境、かつ実験的に対応している9つのアプリでのみ対応する。

Google は2014年秋にアプリのストリーミング配信技術を開発する新興企業・Agawi を買収している。その技術を活用したもので、Googleサーバからユーザーのモバイル端末にアプリを転送するが、通常のアプリと同様にタップやスクロールが可能で、宿泊予約アプリであれば予約ももちろん行うことができる。画面最下部に App streamed by Google という一文が表示される。

Googleモバイル検索結果に表示されるアプリの横にある「Stream」ボタンを押すことで、Googleアプリ画面上にストリーミング配信されるアプリが表示される。同社の公式ブログでは、HotelTonightアプリで "hotel right now in chicago" と検索した時の画面遷移をアニメーションGIFで掲載している。

Stream ボタンを押したときに表示される Google の注意書き

App streamed by Google --- With this experimental feature, Google allows you to access apps that aren't installed on your device. This works by sending your input to Google servers which run the app and stream the results .

Android OS においても実験的なプロジェクトであり、iOS への対応について Google は特に触れていない。


#
今週、別件でウェブとアプリの検索における Google の課題と取組について解説していたところなので、ついでにこちらにも。

PCウェブ検索市場において支配的地位にある Google にとって、アプリの検索領域はリスク要因として指摘されてきました。Google がこれまでに培ってきた(ウェブ)検索技術の多くがアプリの世界には適用できないからです。モバイルの世界でアプリが主流になってくると、Google の検索の優位性も失われ、彼らの大きな収益源である広告ビジネスも展開できなくなり、ビジネスの根底が揺るぐことになる --- だからアプリの世界の検索問題は Google が解決すべき大きな課題の1つだったわけです。

Google 自身もモバイル検索における最適解を探そうといろいろと模索してきたわけで、こうした背景を踏まえると、ちょくちょく仕様が変更されたり場当たり的な回答が多いこともよくよく理解できますね。

クロールやインデックスの方法についての Google の方向性は見えてきたものの、果たして情報の重要度の判定をどのように解決するのかに注目したいところです。第三者評価に相当するシグナルのないアプリの世界で、何を重要度のシグナルにもってくるのでしょうか。


New ways to find (and stream) app content in Google Search
http://insidesearch.blogspot.jp/2015/11/new-ways-to-find-and-stream-app-content.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019, モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。