Google、ライブブログをカルーセル形式で自然検索結果に表示開始

グーグルがライブブログの構造化データをサポート。該当する記事や投稿は検索結果の「LIVE」ラベルと共にカルーセル形式で自然検索結果に表示される。Google からの自然検索流入増が期待できる。


公開日時:2015年11月20日 21:24

米Google は2015年11月18日、schema によるライブブログの構造化データを正式にサポートしたことを公式Google+ で発表した。パブリッシャーが指定のマークアップをウェブページに施し、コンテンツが一定の基準を満たした場合、関連する検索クエリの検索結果に該当イベントを実況中継しているウェブページがカルーセル形式で検索結果に表示される。

検索結果には「LIVE」という赤いラベルを表示することで区分けする。Google の開発者向けのドキュメントによると、ライブブログの構造化マークアップは次の条件に該当するコンテンツに記述することが可能だ。

Live blog pages should meet all of the following criteria:

All Live Blog update content (text + images) should be entirely contained within the Live Blog page.
The updates should not be a preview of other pages.
The updates should not link to other pages.
Videos are an exception: an update with a video can contain a URL that links to a dedicated player page.
Live Blog updates should be displayed to the user in chronological order.
Live Blog updates should contain a user-visible timestamp. Both date and time should be visible, not just date.
[November 19, 2015]

パブリッシャーはライブブログのマークアップを採用することにより、イベント開催中にライブブログの露出度を高めて、検索流入の増加を期待できる。

Google は過去数か月にわたり、ガーディアンやワシントンポスト、テレグラフといったメディアや コンテンツマーケティングプラットフォームを提供する ScribbleLive などの企業とライブブログのテストを実施していた。

Structured Data - Live blogs
https://developers.google.com/structured-data/carousels/live-blogs

Today, we’re launching a new form of publisher carousels, specifically for live blogs.
https://plus.google.com/u/0/+GoogleDevelopers/posts/UMFfemnynCg

ScribbleLive Announces Technology Partnership with Google
http://www.scribblelive.com/press-release/scribblelive-announces-technology-partnership-google/





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。