Google、検索機能から「地域情報」設定を削除、利用者少ないため

グーグル、エリアを指定して検索できる絞り込み機能を廃止。利用者が少なかったことが理由。


公開日時:2015年12月02日 17:01

Google が検索の絞り込み機能の1つとして提供していた「地域情報」設定を同社のサービスから削除したことが明らかになった。同社広報担当者によると「(地域情報設定の)利用者が少なかった」ことが理由だという。

地域情報設定は、指定したエリアに限定して検索を行う機能。たとえば「北海道札幌市」と指定して検索すると、同市内で検索した時の検索結果画面が表示される。Google は検索利用者の現在地情報に基づいて検索結果をパーソナライズしているため、特定の場所で検索した時の画面を見たい時に重宝する機能だ。この機能は検索結果画面上部の「検索ツール」または、検索設定の「場所」から指定することができた。

しかし Google広報担当者が述べた理由の通り、一般的なユーザーはこうした機能を使わないし、そもそも存在すら知らないことのほうが多いだろう。本ニュースで初めて同機能のことを知ったという人もいるのではないだろうか。地域情報設定は主に、SEO担当者や地域情報系のWebメディア(飲食店や不動産など)担当者が、自然検索結果の状況を確認するために活用していたかもしれないが、一般的には利用シーンが限られる機能の1つだ。

8年前にGoogleユニバーサル検索が登場した背景の1つとして、検索タブ(動画や画像、ニュースなど検索対象を絞り込むための機能、大抵は検索窓の上部に設けられている)がほとんど利用されていなかったことが示すように、一般的なユーザーは検索窓にキーワードを入力してリンクをクリックする程度で、使いこなせば便利かもしれない複雑な機能の大半は利用しない。現在の Google検索ツールは様々な機能を提供しているが、今後もこうした機能廃止は行われていくだろう。


Google Drops Change Location Search Filter From Search Results
http://searchengineland.com/google-drops-change-location-search-filter-from-search-results-237247





記事カテゴリ:Google 2010-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。