Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に

ナレッジグラフカードの情報に間違いや訂正がある場合、正式な代表者であれば Google に変更申請が可能となった。


公開日時:2016年02月10日 14:22

Google 自然検索結果の右側に表示されるナレッジグラフカードの情報に間違いや修正・変更があった場合に、その修正を Google に依頼する機能が実装された。Search Engine Land が報じている。

ナレッジグラフカードとは

ナレッジグラフ(Knowledge Graph)は2012年5月にGoogleが導入した、情報を単なる文字列ではなく、私たちの現実世界物事やその中での関係性で捉える技術。たとえば「SEM]は単なる3つのアルファベットで生成された文字という以上に、現実世界では検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing) や走査型電子顕微鏡(Scanning Electron Microscope)、教育科学館(Science and Education Museum)といった様々なモノゴトのことを指す。「SMAP」であれば、 ジャニーズ事務所のグループかもしれないが、Simple Mail Access Protocol(電子メールプロトコル)、「S.M.A.P.カード」といった意味も持ちうる。

ナレッジグラフは、こうした人物や企業、音楽、グループ、施設、技術など現実世界のトピック(話題)を検索で容易に探し出せるようにする技術。2016年2月現在、検索キーワードに関連したトピックをテキストや画像、関連情報へのリンクを伴って検索結果画面の右側にカード形式で表示している。この情報枠のことをナレッジグラフカードと呼ぶ。

例)Googleで「ディズニーシー」で検索すると、ディズニーシーの写真や住所、面積、営業時間のほか、混雑時間帯も表示する。ディズニーシーという文字列だけでなく、現実世界における概念を捉えて、それに関連付けられる(面積や開園日、地図など)情報もあわせて1つのカードで表示できている


正式な代表者に限り変更申請可能に

ナレッジグラフは基本的に Google が自動的に収集・整理しているため、必ずしも検索時点での最新情報が反映されるわけではない。たとえばプロスポーツチームのオーナーや GM が変更になっていたり、選手がすでに別チームに移籍しているにもかかわらず、ナレッジグラフカード(※フィーチャースニペットやオートコンプリートも含めて Google 検索システム全般に言えることであるが)は旧来の情報のままであることは少なくない。また、人物や企業のナレッジグラフであれば、代表者や住所、電話番号や企業ロゴが適切ではない事例も目にすることがある。

今回、Google はそのナレッジグラフの情報(トピック)について、正式な代表者(official representative)であれば、Google に修正のフィードバックが可能になるという。同社のヘルプページによると、正式な代表者の検索結果画面には、提案用のボタン”Suggest A Change”が表示されるようだ。


Googleが定義する正式な代表者とは

2016年2月10日現在、同社のヘルプページによると(変更提案が可能な)正式な代表者と認められる要件として次の項目を挙げている。

  • ナレッジグラフカードが当該トピックの公式ウェブサイト、公式YouTubeチャネル、あるいは公式Google+ページを含んでいる
  • カードに表示されている公式サイト等のオーナーであること
  • 公式サイト等のオーナーとして利用している Googleアカウントにログインしていること
  • 検索履歴と閲覧履歴の確認と管理を有効にしていること

上記の要件を満たした上で、モバイル端末ではなく PC から検索すると Suggest A Change リンクが表示されるとのことだ。


Google審査を経てナレッジグラフカードに反映

ナレッジグラフの情報修正を申請しても即反映されるわけではなく(あくまで Suggest)、Google が内容を審査し、事実確認を行ったうえでカードの情報を更新するという。また、申請された変更について、結果を電子メールで通知する。


If you officially represent a topic that has a Knowledge Graph card in Google search results, you can request changes to that card. To be recognized by Google as an "official representative," you need to be signed in as an owner of the topic's official website, YouTube channel, or Google+ page.[Request a change to a Knowledge Graph card in search results
, Google Help
]


Google Letting Official Representatives Of Knowledge Graph Boxes Suggest Changes In Search Results
http://searchengineland.com/google-letting-official-representative-of-knowledge-graph-boxes-to-suggest-changes-in-search-results-242121





記事カテゴリ:Google 2010-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。