Google、リアルタイムインデクシングAPIを開発中と発表

グーグル、リアルタイムな情報の検索性を高めるためのパブリッシャーのためのソリューション「リアルタイムインデクシングAPI」を開発していることを公表。


公開日時:2016年05月24日 18:38

米Google は、2016年5月18日から20日にかけて開催した開発者向けのイベント「Google I/O 2016」において、リアルタイムインデクシングAPI(Real-time indexing API)のテストを実施していることを明らかにした。今後、数か月内にパイロットテストを開始し、来年にはより多くのパブリッシャーに開放する計画。

Google I/O のセッション「Search and the mobile content ecosystem」で Richard Gingras 氏が説明した。モバイルが主戦場となった今日、ユーザーのモーメント(検索意図の生まれる瞬間)に対し、その時点でもっとも新鮮な情報をユーザーに届けることがパブリッシャーにとって重要となってきている。しかし現状、その最新情報を検索を通じて発見可能にするためにパブリッシャーは Google のインデクシング(データベースに登録して検索可能な状態にする)を待たなければならない。インデックスする速度は30~45日の時間を要した2000年時点と比較すれば遥かに速いとはいえ、ユーザーが知りたいと思ったその瞬間にリアルタイムで届けることは完璧ではない。

今日の検索ユーザーは、ジャンルと問わずリアルタイムな情報を求めて検索にアクセスする。リアルタイムインデクシングAPI はこうした現在進行の情報を求める検索需要に対応するための取り組み。同氏は詳細について説明をしなかったが、モバイル検索で NFL の試合中に検索された時を想定したデモを紹介していた。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。