Googleモバイル検索、「スマホ対応」ラベルを廃止

グーグル、「スマホ対応」ラベル廃止。大半のウェブページがモバイル対応したため、もはや不要に。


公開日時:2016年08月24日 08:25

米Google は2016年8月23日、モバイル検索結果において同社のモバイル対応基準を満たしたページに表示してきた「Mobile Friendly(スマホ対応)」ラベルを削除する方針を明らかにした。

2年前、まだウェブサイトのモバイル対応が進んでいなかった時代には、小さな画面のモバイル機器でズームインせずにコンテンツを閲覧したり、小さなリンクボタンをタップするには困難なサイトが数多くあった。そこでモバイルから円滑にコンテンツを閲覧できるページを探しやすくするために「スマホ対応」ラベルを導入するに至ったわけだが、この2年で急速にスマホ対応が進み、同社によると検索結果に表示されるページの 85%は同社のモバイルフレンドリー基準を満たしているという(2016年)。

そこで検索結果画面をシンプルに保つために、このラベル表示を取りやめることにしたという。なお、ラベルは表示されないものの従来のモバイルフレンドリーの基準は引き続きランキングシグナルとして利用されるほか、Search Console などを通じて提供される各種レポートも引き続き提供される。


Helping users easily access content on mobile
https://webmasters.googleblog.com/2016/08/helping-users-easily-access-content-on.html





記事カテゴリ:Google 2010-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。