Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示

グーグル、ニュース検索に Fact Check(事実確認)ラベルを導入。事実を含むページに表示。米国と英国。


公開日時:2016年10月17日 04:15

米Google は2016年10月13日、事実を含むニュース記事を示すための「Fact check」ラベルを Google News に表示することを明らかにした。米国と英国が対象。

同社はこれまで、さまざまな記事を多様な視点で探し出せるように In-Depth や Opinion、Wikipedia、Local Source, Highly Cited、といった様々なラベルを導入してきた。今回、読者が膨大なニュース記事から事実に基づいた記事を探しやすくするためにファクトチェックのラベルを導入する。International Fact-Checking Network をはじめとするファクトチェックサイトの活動が進んだことで実現可能となった。

事実情報の判断は、一般的なファクトチェックの基準のほか、Schema.org の ClaimReview マークアップが利用される。同社はサイトオーナーが ClaimReview マークアップを導入すべきか否かの判断基準をヘルプページで公開している。違反したサイトを発見した場合、Google はそのマークアップを無視するか、あるいは Google News インデックスから削除すると説明している。

ClaimReview
http://pending.schema.org/ClaimReview

Fact Check (Google Help)
https://support.google.com/news/publisher/answer/4582731#fact-checking

Labeling fact-check articles in Google News [Google Journalism & News blog]
https://blog.google/topics/journalism-news/labeling-fact-check-articles-google-news/





記事カテゴリ:Google 2010-2016, 検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。