グーグル、日本語検索のアルゴリズム変更を発表、品質低いサイトの順位低下

グーグルが日本語検索の品質評価アルゴリズムに修正を加えたことを公式に発表。有用なコンテンツが検索上位に表示されること目指す。


公開日時:2017年02月03日 16:39

グーグルは2017年2月3日、検索品質の向上を目的としたランキングアルゴリズムの改善を実施したことを公式ブログで発表した。今回は日本語検索が対象。

有用で信頼できるコンテンツを検索利用者に届けられるように、品質の低いサイトの順位が下がるという。同社はこのアルゴリズム改善で日本語検索の問題すべてを解決するとは考えていないものの、継続的に品質評価アルゴリズムの改善に取り組んでいくとしている。

グーグルは1年間に500~600、つまり1日あたり1~2個のアルゴリズムの変更を行っているといわれており、そのすべてを逐次公式に発表しているわけではない。過去にも日本語現芸で実施されたと考えられるアルゴリズム調整はあったが、今回のように日本語公式ブログでそれを告知するのは異例だ。

昨年末に、DeNA の WELQ に端を発するまとめ・キュレーションサイトの問題について、検索エンジン側の問題も指摘されてきたが、それに対する同社の回答ということか。

今回はキュレーションメディアやまとめサイトなど近年登場してきたメディアを想定したアルゴリズム調整と考えられるため、一般的な企業や通販サイトなどが気にする必要はないだろう。一方で、DeNA が実践してきた、検索上位に表示することを目的として独自性が低い大量のテキストコンテンツを投入して広告収入増加を目指してきたサイト管理者は要注意だ。

日本語検索の品質向上にむけて
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。