グーグル、カード形式で視覚的に表示する「リッチカード」を日本国内でも導入

Google がリッチカードを全世界の検索サービスでサポート。飲食店、レシピ、映画の3カテゴリで利用できる。


公開日時:2017年03月24日 01:06

グーグルは2017年3月22日、新しい検索結果フォーマットのひとつ「リッチカード」が日本を含む世界中の同社検索サイトで利用可能になったことを公式ブログで発表した。

リッチカードが世界中で利用できるようになりました
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/03/introducing-rich-cards.html

リッチカードは2016年5月に英語圏でリリースされた。リッチスニペットをもとに発展させた検索結果形式で、画像を使うことで視覚的に情報が表示される。結果枠はカルーセルで左右にスワイプすることでほかの検索結果も表示される(サンプルは Google公式ブログの写真を参照のこと、たとえば「タコスライス レシピ」や「映画 ランキング」といった検索クエリで確認できる)。AMP形式にも対応する。

リッチカードが利用できるのは、レシピ、映画、飲食店の3つで、いずれもリッチカードの利点を十分に活かせるカテゴリーだ。サイト運営者はリッチカードを利用することで自社の情報を検索結果で目立たせることが可能となり、自然検索流入の増加が期待できる。

英語圏では2016年11月にリッチカードの機能が拡張されたときに、今回日本でも発表されたカード形式の検索結果に加えて、3パック(縦に3行テキストで表示される形式)も発表されている。

リッチカードはchema.org 構造化マークアップを利用する。同社は導入支援のための「構造化データのテスト」、Google Search Console の「リッチカードレポート」、「AMPテスト」といったツールを用意している。また、開発者向けのサイトでリッチカードのサンプルやコードも掲載している。





記事カテゴリ:Google 2010-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。