Google、偽ニュース対策を発表、アルゴリズムを変更へ

昨今問題となっている偽ニュースが検索上位に表示されている問題に対処するため、グーグルが対応昨を発表。検索品質を評価するテスターに配布するガイドラインを改定して、問題のあるコンテンツにフラグを立てるための項目を追加、問題のあるページ収集の粒度を高めると同時に、優れたコンテンツの発見と低品質なページの評価を下げるためのシグナルを調整した。


公開日時:2017年04月26日 09:14

米Google は2017年4月25日、偽ニュース対策を目的とした検索アルゴリズムの更新を行ったことを公式ブログで明らかにした。

同社によると毎日の検索のおよそ 0.25% が検索利用者に攻撃的あるいはミスリードする情報を含む検索結果を表示しているという。こうした問題を解決するために、同社は次の対応を実施した。

まず第1に、Google検索の品質を評価するテスター - 検索品質評価者たちに配布する検索品質評価ガイドラインを改訂し、不適切なコンテンツや偽ニュースのページについて評価者達からより粒度の高い情報を集めたという。彼らの評価結果は直接、個々のページの検索順位を決定するものではないが、同社が何処にどのような対処をすべきか判断する上で役立てられるという。

第2に、ランキングアルゴリズムを変更し、権威のあるコンテンツを発見するとともに、低品質なコンテンツの検索順位が押し下げられるようにした。2016年末に問題となった、ホロコーストの存在を否定する記事が検索上位に軒並み表示されるといった問題が解消されるとのことだ。


Our latest quality improvements for Search
https://www.blog.google/products/search/our-latest-quality-improvements-search/






記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。