Google Home、今夏日本で発売へ 対応アプリや無料通話など機能も強化

Google Home が無料通話や映像配信・音楽サービスへの対応、日本発売など新たな発表。Google I/O 2017.


公開日時:2017年05月18日 12:59

米Google は2017年5月18日、米国で開催中の開発者向け会議 Google I/O 2017 において、スマートスピーカー「Google Home」の新機能を発表した。

Google Home は円筒形の小型デバイスで、自宅に設置して利用することが想定されている。人工知能 Google Assistant が内臓されており、Home に向かって音声で話しかけることで、さまざまな情報を入手したり、映像や音楽の再生や照明のオンオフといった操作が行える。昨年末に発売された。


カナダ、オーストラリア、フランス、日本でも発売

Google Home は2017年5月時点で、米国および英国で販売されている。今夏、発売地域を広げ、日本のほかカナダ、オーストラリア、フランスで発売される。

ちなみに現時点の Google Home アプリ(Android版)の詳細設定画面を見ると、選択できる言語は米語(English US)と英語(English UK)となっているが、住所や職場の設定は日本語に対応している。また、発売当初は日本の住所を指定しても大雑把なエリア(たとえば東京都なら、区レベル)しか設定できなかったが、5月18日時点で市町村・番地単位でより細かく指定できるようになっている。


飛行機遅延や渋滞を事前通知(Proactive Assistance)

同社が Proactive Assistance は、ユーザーの行動を予測したうえで、飛行機の遅延や渋滞など、重要な情報を事前に通知する機能だ。現在、Google Now でも同様の通知をスマホに行っているが、それの音声通知版ということだ。

なお、あまりに多くの種類の通知を行うとスピーカーが逐次音声を発することになりわずらわしい可能性もあるため、通知内容は限定される。


ハンズフリーの無料通話(米国とカナダ)(Hands-Free Calling)

Amazon Echo がつい先日対応した無料通話が Google Home でも利用可能になる。Echo は Echo の端末またはアプリ同士の通話に限られるが、Google Home は固定回線やモバイル端末を使って誰宛てでも電話をかけられる。Home を介するのでハンズフリーで相手と話すことができる。利用者は Google Home に通話相手を指定して電話をかけるように指定するだけだ。ただし当初は米国とカナダに限られる。


連携アプリの拡大

Google Home は Spotify や Netflix、Uber をはじめとするアプリと連携して、音声で指示することが可能だったが、その対応アプリやサービスを拡大する。HBO Now や Hulu といった映像配信サービスや、Deezer、SoundCloud などの音楽配信サービスに対応する。Spotify はこれまで有料購読者アカウントのみが連携できたが、本日より無料ユーザーも連携が可能になった(実機端末で確認した)。


スクリーンへの情報表示 (Visual Responses)

利用者からの質問にスクリーンに情報を表示して回答できるようになる。たとえば目的地への行き方や画像に関連する質問をしたときに、画面に回答を表示してくれる。スマホや一部のテレビが対応する予定。


iOS でも Google Assistant が利用可能に

Google Assistant が Apple の iPhone でも利用可能になると発表された。ただし、iPhone のデフォルト音声アシスタントである Siri を置き換えることはできない。おそらく、iOS 用の Googleアプリから利用することになる。AIファースト(人々が自然な方法でコンピューターと対話する世界)を掲げる Google は、あらゆるシーンで手元や周りのコンピューターと会話して情報が取得できる世界を実現するために、Google Assistant をモバイル端末から IoT、家電、自動車などあらゆる場面に展開していく。

ref.
Google Home 使用レビュー

Google Home から食料や文房具が購入可能に

#
Google Home と Amazon Echo の両方を米国で購入しましたが、現時点では Amazon Echo のほうが実用性は高いと感じました。個人的には Home よりも Echo を日本で発売してほしいところ。

ちなみに同じ Google Assistant を搭載していても、Google Home と NVIDIA Shield TV (2017) は挙動が少し異なりました(2017年3月時点)。Shield TV は、たとえば「Netflix で○○○○を再生して」(○○は映画や番組タイトル)の指示で再生できるのですが、Google Home はできませんでした。今回の発表に基づくと、Google Home でも Shield TV 同様のことが可能になるのでしょうか。





記事カテゴリ:Google 2010-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、求人検索「Google for Jobs」を発表 米国で公開予定
Google、AIを活用した画像検索技術 Google Lens を発表、被写体を理解 Google I/O 2017
Google Home、今夏日本で発売へ 対応アプリや無料通話など機能も強化
コンテンツマーケティングで「ユーザーのことを考えろ」以外のアドバイスはないのか
スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超
米Amazon、Alexa で無料通話ができる Alexa Calling & Messaging を発表
ヤフー、キーワードアドバイスツールの検索ボリュームと属性別検索の提供を終了
米国ユーザーの44%が Amazon に直接アクセスして商品を探すと回答、Google は 34%
ヤフー前社長の井上雅博氏が死去 米国で交通事故
Google、偽ニュース対策を発表、アルゴリズムを変更へ
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。