Google、求人検索サービス「Google for Jobs」を発表 米国で公開予定

グーグルが求人情報検索サービス「Google for Jobs」を米国で開始予定。今後、海外にも展開。機械学習を活用。


公開日時:2017年05月19日 04:21

米Google は2017年5月18日、開発者向け会議 Google I/O 2017において、求人情報を検索できる「Google for Jobs」を数週間以内に米国でリリースすると発表した。


Google for Jobs は機械学習を利用しており、検索利用者の職探しと採用したい企業のマッチングを支援する。利用者が検索窓に探している仕事情報を入力すると、関連する情報を表示する。画面には応募ボタンが用意され、ワンクリックで求人応募ができる予定。

また、開発者が求人情報データを Google for Jobs に掲載するための手段も提供する予定で、既存の求人情報検索サービスと直接競合する意図はない模様だ。

同社CEO・Sundar Pichai氏は、多くの人々が職探しをする時にまず Google で検索することだと考えており、Google for Jobs は誰であれ、どんな仕事を探していても、ピッタリの求人情報を探し出すことを可能にすると述べた。





記事カテゴリ:Google 2010-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、求人検索サービス「Google for Jobs」を発表 米国で公開予定
Google、AIを活用した画像検索技術 Google Lens を発表、被写体を理解 Google I/O 2017
Google Home、今夏日本で発売へ 対応アプリや無料通話など機能も強化
コンテンツマーケティングで「ユーザーのことを考えろ」以外のアドバイスはないのか
スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超
米Amazon、Alexa で無料通話ができる Alexa Calling & Messaging を発表
ヤフー、キーワードアドバイスツールの検索ボリュームと属性別検索の提供を終了
米国ユーザーの44%が Amazon に直接アクセスして商品を探すと回答、Google は 34%
ヤフー前社長の井上雅博氏が死去 米国で交通事故
Google、偽ニュース対策を発表、アルゴリズムを変更へ
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。