Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止

2010年にリリースされた Google Instant の提供が中止された。キーワード入力中に予測して検索結果を表示する機能だが、パソコンでの利用を前提としたもの。検索の主流デバイスがスマホに移行したことを受けて、Google Instant は終了する。


公開日時:2017年07月27日 04:13

米Google は2017年7月26日、ユーザーが検索キーワードを入力中に自動的に検索結果を表示する Google Instant(グーグル・インスタント、インスタント検索)機能を終了することを明らかにした。

Google インスタント検索は2010年9月に追加された機能(関連記事:米Google、「Googleインスタント検索」を発表)。パソコンで検索する時に、ユーザーが入力中の単語を予測して(検索ボタンを押さなくても)検索結果を表示していた。

インスタント検索はパソコンのキーボードでキーワードを入力することが前提の機能だ。しかし今日の検索の過半数は画面をタッチしたり音声入力するモバイル端末から行われている。Google広報担当によると、こうした入力方法やスクリーン、インタラクションの変化を踏まえ、Google Instant を削除する決定をした。

We launched Google Instant back in 2010 with the goal to provide users with the information they need as quickly as possible, even as they typed their searches on desktop devices. Since then, many more of our searches happen on mobile, with very different input and interaction and screen constraints. With this in mind, we have decided to remove Google Instant, so we can focus on ways to make Search even faster and more fluid on all devices.[ A Google spokesperson, Google has dropped Google Instant Search, July 26, 2017]




なお、2017年7月27日午前4時現在、米国の Google (google.com)で Google Instant 機能が停止していることを確認した。一方、日本国内(google.co.jp)は現時点で動作している。Google Instant が使えないと、候補キーワードの表示件数が減少する(3~4件)ので、同機能を利用してキーワード調査をしていた場合は影響が出るかもしれない。もっとも個人的には、オートコンプリート機能に依存したキーワード調査は本質を見過ごす危険もあること、中長期的に見れば(無用の長物となるので)このタイミングでなくなっても問題ではないと考える。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。