被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に

Google の最新スマホで提供されていた被写体の関連情報を表示する Google Lens がすべての Android 端末で利用できるようになった。


公開日時:2018年03月07日 15:49

Google は2018年3月6日、画像の被写体や文字列を認識して関連情報を表示する画像検索エンジン・Google Lens を全ての Android端末利用者の Google Photoアプリで利用可能になったことを公式 Twitter で明らかにした。

Google Lens は画像認識技術を利用して被写体を理解し、関連情報を表示する機能。たとえば旅行先で有名なランドマークを写して関連情報を得たり、名刺を写してコンタクト情報を得るといった使い方ができる。Google の最新スマートフォン(Pixel 2)でのみ提供されていた同機能が全ユーザーに開放された。同社によると iOS 向けのリリースも予定されているが、具体的な日時は明らかにされていない。



また、Google Assistant を通じて被写体の情報を得られる機能も近日中に利用可能になる見込み(日本時間7日時点で、まだ一部のユーザーに限られている模様)。

#
私は Pixelbook の被写体をペンで囲んで関連情報を表示する機能(技術自体は同じ)をいろいろ試しているのですが、認識精度はかなり高いと感じました。スポーツ選手のプレー中の画像から選手名を表示したり、映画のワンシーンから映画名を表示するといったこともできました。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。