Google、何度も Hey Google と言わなくても会話ができる Continued conversation を発表 #io18jp

Google Home や Assistant で何か尋ねるたびに Hay Google (ねえグーグル)を言う必要がなくなる。自然な会話ができるようになる Continued conversation が今夏追加予定。


公開日時:2018年05月09日 06:25

米Google は2018年5月8日(現地時間)、開催中の Google I/O において、Google Home (Assistant)の機能強化を発表した。

現在、Google Assistant を利用する場合は、都度ウェイクワード(ねぇグーグル、Hey Google など)を使う必要があった。同じ会話の中で何度もウェイクワードを使うことを面倒だと感じた人も多いだろう。今夏のアップデートで追加される Continued conversation は、このウェイクワードを繰り返すことなく、続けてアシスタントと会話することを可能にする。一連の会話の中でウェイクワードを省けるので、より自然に Google Assistant と対話できる。技術的には、1つの会話が終わったあと最大8秒間は入力マイクが有効になる。なお、会話の終わりを thank you などで締めた場合は入力を受け付けないとのこと。

また、複数の質問(and で接続されたセンテンス)にも対応できるようになる。たとえば天気と予定のことを同時に尋ねても Google Assistant はこの2つに対応してくれる。ただし現時点では3つ以上には対応できない。

なお、Amazonも最近、ウェイクワードなしに会話を続けられる機能を発表していた。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google Assistant、スクリーンを組み合わせたビジュアル体験を強化 #io18jp
Google、何度も Hey Google と言わなくても会話ができる Continued conversation を発表 #io18jp
(速報)AI が電話予約も代行してくれる Google Duplex を発表
Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを実施
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。