グーグル、スピードアップデートを正式導入 

Google がモバイルページの読込速度評価 Speed Update を全ユーザーに導入。


公開日時:2018年07月10日 08:53

米Googleは2018年7月9日、モバイルページの読込速度評価を行うアルゴリズムの更新・スピードアップデート(Speed Update)をリリースした。

Google は2010年からデスクトップPC検索でページ読込速度をランキングシグナルに取り入れていたが、Speed Update は同様の仕組みをモバイル検索にも導入する。このシグナルは非常に読込速度が遅いモバイルページの検索順位を調整する。

繰り返しになるが、とても遅いページのみが影響を受ける。ページスピードを速くすればするほど検索順位が上がるような性質ではないため、注意して欲しい。「ある企業からページ速度を速くすると検索順位が上がると言われてコンサルティング契約を結んだ」という相談を筆者は過去に何度も受けているが、そういった仕組みではない。検索順位を決める数百ものシグナルの1つに過ぎず、また検索クエリとの関連性が最優先であるため、関連性が低いページがスピードが速いという理由で検索順位が上がることはない。言い換えると、スピードが遅くても関連性が非常に高いページやコンテンツが素晴らしいページは検索上位に引き続き表示される。

そもそも、Google がランキングシグナルの話と絡めてページスピードの話をするために SEO 視点で捉えられがちな話であるが、一般的に速いページの方がいいのだから、 SEO という文脈関係なしに取り組めばいい話である。

Update July 9, 2018: The Speed Update is now rolling out for all users.
https://webmasters.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。