Google、ハンズフリーで Android端末を操作できる Voice Access を公開

Google がタッチスクリーンに触れずに端末操作ができる Voice Access をリリース。まずは英語から。


公開日時:2018年10月04日 13:26

米Googleは2018年10月2日、画面に触れずに音声でAndroid端末の各種操作を行えるアプリ「Voice Access」を公開した。

Voice Access はハンズフリーでメールの編集やアプリ、画面操作を可能にするアプリ。マヒやけがといった身体的理由でタッチスクリーンを利用できない人々にとって便利であると Google は説明している。たとえば "Go back" "Go home" "Click next" や "Scroll down" といった音声コマンドで画面を操作できる。Google Assistant も利用可能。

Voice Access を利用するためには、Android設定画面のアクセシビリティから Voice Access を有効にしてセットアップを行う。現在は英語のみで提供されるが、今後他言語に展開される予定。


Voice Access
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.accessibility.voiceaccess&hl=ja

Use your voice to access the world with a new Android app
https://www.blog.google/outreach-initiatives/accessibility/use-your-voice-access-world-new-android-app/





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、ハンズフリーで Android端末を操作できる Voice Access を公開
米Microsoft Bing、ビジュアル検索を強化 計算式を解く機能など
米Microsoft Bing、画像内の家具や洋服を検索可能に ビジュアル技術を活用
Google Maps アプリ、お店選びの相談を支援する機能を追加
米Microsoft Bing、インテリジェントサーチを発表
米Google、米大統領の入国規制へ対抗するために検索結果の変更・操作を検討 実現せず(WSJ報道)
Google、多数のサイト運営者に MFI移行通知を送付か Twitter 等で報告多数
シンガポールの Aivon、分散型動画検索エンジンを今秋立ち上げ ブロックチェーンを活用
Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを発表、検索順位大きく動く
Google、一般公開用のURL登録ツールを廃止、今後は GSC を
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。