Googleレスポンシブ検索広告、日本語を含む10言語で利用可能に

グーグルレスポンシブ検索広告が日本語を含む10言語で利用可能に、ほか Ad strength のアップデートなど


公開日時:2018年12月07日 09:48

Google は2018年12月5日、レスポンシブ検索広告(RSA = Responsive Search Ads)が日本語を含む10言語で新たに利用可能になったことを発表した。

レスポンシブ検索広告はあらかじめ複数の広告見出しと広告文を設定すると、自動的にユーザーに最も関連性の高い組み合わせの広告を表示する製品。機械学習により時間経過とともに広告効果の改善が期待できる。

新たにデンマーク語、オランダ語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語、トルコ語、そして日本語に対応した。


また、新たに4つの機能が提供される。(1) 新しいレスポンシブ検索広告作成時に、広告見出しや広告文の候補が表示される。まず英語から提供され、順次他言語に展開する。(2) 既存の広告グループから広告見出しと広告文をインポートする機能の追加。(3,4) Ad S(広告の強度を測る指標、ここでは広告見出しと広告文の組み合わせの効果を示している)のアップデート。

レスポンシブ検索広告(ベータ版)について
https://support.google.com/google-ads/answer/7684791?hl=ja

Ad Strength
https://support.google.com/google-ads/answer/9142254






記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleレスポンシブ検索広告、日本語を含む10言語で利用可能に
DuckDuckGo、Googleパーソナライズ検索が及ぼすフィルターバブルの影響調査を発表、Google は反論
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。