Google+、終了を2019年4月に繰り上げ APIに新たなバグ発覚

SNS Google+ が終了を2019年4月に繰り上げた。Google+ API に新たなバグが発覚したため。


公開日時:2018年12月11日 14:58

米Google は2018年12月10日、同社のソーシャルネットワーキングサービス・Google+ の閉鎖を2019年4月に繰り上げることを発表した。当初は2019年8月としていた

11月に実施したGoogle+のアップデートに、最大5,250万人に影響が及ぶ Google+ API のバグが含まれていたため。このバグにより、ユーザーが氏名、メールアドレス、年齢など Google+に非公開設定で登録した個人情報に、サードパーティーのアプリがアクセスできる可能性があったという。Google+API は90日以内に提供を終了する。

「あまり利用されていない」ことも閉鎖理由の1つに挙げられた Google+だが、当初予定よりも閉鎖が早まることで、現在利用中のヘビーユーザー等は注意する必要がある。

Expediting changes to Google+
https://www.blog.google/technology/safety-security/expediting-changes-google-plus/





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google+、終了を2019年4月に繰り上げ APIに新たなバグ発覚
Google、メッセージングアプリ Allo の提供を終了
Googleレスポンシブ検索広告、日本語を含む10言語で利用可能に
DuckDuckGo、Googleパーソナライズ検索が及ぼすフィルターバブルの影響調査を発表、Google は反論
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。