AIが電話して飲食店予約をする Google Duplex が米国で利用可能に

AIシステムが電話で予約を代行してくれる Google Duplex が米国で提供開始


公開日時:2019年03月07日 13:23

米Google は2019年3月6日、Google Assistant が電話をしてレストランの予約を行うことができる Google Duplex を米国43都市で利用可能になったと公式ブログで発表した。

Google Duplex は2018年の Google I/O で発表された新サービスの1つ。AIシステムが代行して電話でのやり取りを行う。同社によると、たとえば Google Assistant に “Book a table for four people at [restaurant name] tomorrow night.” と頼めと、Assistant がレストランに電話をして、通話先の人間と会話し、予約を完了してくれる。

通話相手は、本システムからの電話を受けた時、最初に本通話の理由と通話相手が Google (Assistant)であることが知らされる。自動会話システム、あるいはオペレーラーからの通話であることがわかってから会話ができるということだ。発信元電話番号は 650-203-0000 または 650-206-5555 が Duplex によるものだ。また、現時点で Google Duplex が電話をしてくるケースは、レストランの予約と営業時間の確認に限定される。

現時点では同社製 Pixel でのみ利用可能だが、数週間のうちに他の Android端末や iOS でも利用可能になる見込み。


Book a table with the Google Assistant across the country on more devices
https://www.blog.google/products/assistant/book-table-google-assistant-across-country-more-devices/

About phone calls from the Google Assistant
https://support.google.com/business/answer/7690269





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
AIが電話して飲食店予約をする Google Duplex が米国で利用可能に
米Google、再検索や再訪問を容易にするアクティビティカードをリリース
2019年注目のサービス「Google Discover」 仕組み、SEOへの影響、最適化手法
DuckDuckGo、2018年の検索回数が90億を突破
Googleレンズが強化、10億点以上を識別可能に
マイクロソフト、ユーザー行動分析ツール「Clarity」を公開
Google、検索結果の半数以上のページが MFI に移行したと発表
欧州の比較ショッピング事業者、Google が違法行為を続けていると批判
SEO関係者が注目する「音声検索」 その将来の可能性を示す調査・統計
Google+、終了を2019年4月に繰り上げ APIに新たなバグ発覚
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。