Google、新規のすべてのウェブサイトはMFIが標準に 2019年7月1日から

2019年7月1日から、新規に検出するウェブサイトは MFI を標準に。モバイル版ページのインデックスがデフォルトになる。


公開日時:2019年05月28日 17:47

米Google は、2019年7月1日より、すべての新しいウェブサイト(過去にクローラGooglebot が発見していない)は標準でモバイルファーストインデックス(以下、MFI)になることを公式ブログで発表した。

MFIは2016年11月に最初に発表された。モバイル検索が主流になったことを受けて、Google もモバイル版ウェブページをインデックスして、その内容を基に検索結果に表示する方針が明らかにされた。2018年3月に順次 MFI に移行することが発表され、現在は検索結果に表示するページの50%はモバイル版ページになっているという。

MFI は Google Search Console の URL 検査ツールから確認できる。従来のウェブサイトは引き続き監視し、Google が MFI 対応準備ができていると判断した時に MFI に移行するとしている。新しいウェブサイトについては MFI が標準となるため、通知は行われない。

ウェブサイト運営者はモバイル対応する方法としてレスポンシブウェブデザイン、動的配信、(PC・モバイル)別々のURLを選択できるが、同社は混乱と問題を回避するために 1つのURLで PCもモバイルも対応できるレスポンシブウェブデザインを推奨する。

Mobile-First Indexing by default for new domains
https://webmasters.googleblog.com/2019/05/mobile-first-indexing-by-default-for.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019, 検索ニュース 2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、新規のすべてのウェブサイトはMFIが標準に 2019年7月1日から
Bing Maps、検索履歴から候補を提案する機能を追加
米Google、検索と Google Assistant でインタラクティブなライブコンテンツを提供する Mini-apps を発表 #io19 #io19jp
Google I/O 2019 セッションレポート Google Search:State of the Union #io19jp #io19
Amazon、商品購入前に3D画像で設置イメージを確認できる「ARビュー」を提供開始
Google、高解像度画像を掲載できる High Resolution Image Opt-in Program を発表 #io19
Google、ポッドキャストを検索可能に 検索結果で直接聴くことも #io19
[Google I/O 2019] Googlebot、最新Chromiumレンダリングエンジン(WRS) をサポート、今後も継続アップデート #io19
[Google I/O 2019] Google 構造化データで「How-to」と「FAQ」をサポート、Google Assistant を意識 #io19
Google Assistant、音声処理をローカルで行い、高速化を実現 #io19
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。