Googleを名乗った偽の「ペナルティ警告通知」メールに注意(ドイツ)

Googleが偽者のペナルティ警告通知メールに対して警告。一時的な措置として、Googleは通知メールの送信を停止した。


公開日時:2007年05月11日 18:15

Google公式ブログ「Official Google Webmaster Central Blog」によると、ドイツの複数のウェブサイト運営者に対して、Googleを名乗ったペナルティ通知メールが送信されている。

Googleは隠しテキストや不正なリンクなどの検索エンジンスパムを実施しているサイトに対して、インデックスから削除する前に事前警告の通知メールを送信している。「あなたのサイトはガイドラインに違反している。7日以内に修正されない場合、インデックスから削除します」といった具合だ。これに従わなかった場合はGoogleが対象サイトをインデックスから削除するため、検索エンジンに掲載し続けたい場合はガイドライン違反箇所を特定して修正する必要がある。今回、何者かがGoogleを送信元とした偽の警告メールを送信しているという。

Googleは当初、ブログにおいてメールの真偽の見極め方について送信元メールアドレスやシグナチャを確認する旨を記載していたが5月11日時点で更新されており、送信者がGoogleであることを確認できるためのよりセキュアな連絡方法が整うまで、一時的にサイト運営者に警告通知メールを送信することを停止するとした。

About those fake penalty notification emails
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2007/05/about-those-fake-penalty-notification.html





記事カテゴリ:Google 07
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。