グーグル、MFA(Made for Adsense)サイトをインデックスから削除

GoogleのAdam Lasnik氏、訪問者にとって無価値な、MFAは検索インデックスから削除すると説明。Webサイトの基本でありSEOの大前提である「訪問者に価値のあるコンテンツを提供すること」を忘れずに。


公開日時:2007年07月12日 13:46

米Google・Search EvangelistのAdam Lasnik氏が、アドセンス広告による収益のみを目的とした、品質の低いサイトMFA (Made for AdSense)サイトはGoogleインデックスから削除される場合があることを明らかにした。

これはGoogle Groupに長期にわたり運営していたウェブサイトがGoogleにインデックスされなくなったことを相談したユーザに対する回答として示された。Lasnik氏はたとえ話を用いながら、オリジナルコンテンツを持たず、信頼性の低い、訪問者にとって価値がないウェブサイトは上位にランキングされることはない(ことを示唆)、質問者にきちんとしたコンテンツを追加するよう促している。

Two weeks in Google Jail and No Chance of Parole it would seem!! [Google Webmaster Help]
http://groups.google.com/group/Google_Webmaster_Help-Indexing/browse_thread/thread/4461be809ce2ce5/

cf.
コンテンツ連動広告で稼ぐ人々(1) - MFAサイトとは?[サーチエンジン情報館]

コンテンツ連動広告で稼ぐ人々 (2) - コンテンツ自動生成[サーチエンジン情報館]

#
MFA がダメというならちゃんと取り締まりしてみてよ > Google担当者の皆様





記事カテゴリ:Google 07
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。