Google、行動ターゲティングを組み合わせたアドワーズ広告配信のテストを実施

Googleが行動ターゲティング技術を使った検索連動型広告の配信を試験的に行っている。広告品質を改善するため。


公開日時:2007年08月02日 22:00

米Google製品管理担当バイスプレジデント・Susan Wojcicki氏が行動ターゲティング技術を使ったアドワーズ広告配信のテストを実施していることを認めた。

これは検索セッション単位で直前の検索クエリを参照して適合性の高い広告を配信している。例えばfrance hotels(フランスのホテル)と検索して、続けて「book hotel」と検索すると、フランスのホテルの広告が表示されるようになる。ユーザの個人情報はGoogleに保存されず、ブラウザウインドウを閉じると情報は消去される。Wojcicki氏はこれらのアドワーズ広告はその瞬間の検索インテントと結びつけられており、Googleのコアビジネスである広告品質を改善しようという試みとして行われていると説明している。

Google is experimenting with Behavioral AdWords [GigaOM]
http://gigaom.com/2007/07/31/google-plays-with-behavioral-adwords/

cf.
グーグル、アドワーズ広告の行動ターゲティングをテスト [サーチエンジン情報館]





記事カテゴリ:Google 07
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。