Google、ユニバーサル検索をアップデート - 画像を多数表示

Googleが日本国内のユニバーサル検索(Universal Search)をアップデート。主に画像に対応した模様。Googleは2007年5月に画像や動画、地図、ローカル情報などを1つの検索結果画面にセットで表示するユニバーサル検索を発表済み。国内でも浸透を進めていくか。


公開日時:2008年05月08日 21:16

ユニバーサル検索のアップデート。google.co.jp にてウェブ検索に画像が表示されるキーワードの一覧 2008年5月8日調べ。

グーグルが日本国内のユニバーサル検索のアップデートを行った模様。主に検索キーワードに適合する画像が存在した時に、検索結果最上部(自然検索(Organic Search)上部)に表示するようになった。www.google.co.jp からアクセスして例えば以下のキーワードで確認できる。なお、Firefox ブラウザ右上の検索ボックスからだと表示しない。これまですでに地図、地域情報、動画(YouTubeなど)、ニュースには対応していたが、画像の表示割合は米国Googleと比較して少なかった。

Googleユニバーサル検索は2007年5月に発表。これまでウェブ検索結果はウェブページへのリンクのみを表示していたが、キーワードにマッチする画像やニュース、動画、地図、地域情報がある場合にそれを自然検索に含めて表示する。

たとえば「表参道 眼科」と検索すると表参道周辺の眼科医を地図にプロット標示し、また「船場吉兆」と検索すると関連ニュースや会見時の動画映像へのリンクを表示する。これらはキーワードごとに何のコンテンツを表示するかがあらかじめ決められているわけではなく、都度、検索クエリに対応するあらゆる形式のファイルを集め、その集合内においてレレバンシー(関連性)を評価してランク付け、検索結果を表示している。

本記事で例を記載したように様々な検索キーワードで試したが、画像の適合性判定をalt属性および画像周辺のテキストから判定しているため、一部おかしなものも確認したが軒並み問題ないレベル。写真で見ないと理解できないようなもの(野菜、花)は画像が表示されやすい印象を受けた。

米comScoreの調査によると、全検索クエリのおよそ20%に対してウェブページ以外のコンテンツを検索結果に標示しているという。また、iProspectが実施した調査は、ユニバーサル検索によって、画像やニュースへの送客数が増加していることを示している。

#
Googleユニバーサル検索に対してどのようなサーチマーケティングのキャンペーンを行うべきかについては、2008年7月1日発売の翔泳社「SEO SEM Technique vol.5」の連載にて触れていますので、興味ある方は書店やネットでご購入ください と、ついでに宣伝しておきます。





記事カテゴリ:Google 08


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。