Google、新しい検索ワード分析ツール「Search-based Keyword Tool」ベータ版を公開

グーグルが新しい検索キーワードアドバイスツール「Search-based Keyword Tool」を公開。従来のツールよりも詳細なデータを提供。検索回数、広告/サーチシェア、など。


公開日時:2008年11月19日 13:14

米Googleは2008年11月18日、新しい検索キーワードアドバイスツール「Search-based Keyword Tool(サーチベース・キーワードツール)」ベータ版を公開した。UIは英語だが日本語キーワードも問題なく使用可能。

「Search-based Keyword Tool」はURLを指定すると、Googleが蓄積したクエリデータベースの中から、関連性の高いキーワードのリストを表示する。Googleはすでにアドワーズ広告主向けに「Keyword Tool」を提供しているが、今回の新ツールは (1) ウェブページをベースにキーワードリストが生成できること、(2) アドワーズ広告アカウントで設定していないキーワードが特定できること、(3) 月間検索回数、競合度、推奨入札価格(Sugg. (Suggested) bid)、クエリに対して(あなたの)広告が表示される割合(ad share)、検索結果1ページ目に広告が表示される割合(Search share)、キーワードとマッチするウェブページ(Extracted from webpage)など、クエリに紐付くする詳細なデータを表示できる点が異なる。これらのデータは数週間毎にアップデートされる。

Search-based Keyword Toolは英国と米国向けの広告主向けにリリースされたが、今後、対応言語と国を増やしていく計画。

Search-based Keyword Tool
http://www.google.com/sktool/

Announcing the Search-based Keyword Tool [Inside AdWords]
http://adwords.blogspot.com/2008/11/announcing-search-based-keyword-tool.html


#
ようやくクエリ分析系ツールが検索会社から次々とリリースされるようになってきたなーという印象





記事カテゴリ:Google 08
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。