Google、検索サービスで障害発生 - 『このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。』

1月31日23時30分頃から約40分にわたり、Googleウェブ検索が正常に利用できない障害が発生した。『このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。』


公開日時:2009年02月01日 00:50

2009年1月31日23:30頃から2月1日0時20分頃にわたり、Googleウェブ検索が正常に利用できない障害が発生した。現在は復旧している。

どのキーワードで検索しても、すべての自然検索結果に『このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。』の警告文が表示され、クリックをしても『このウェブサイトにアクセスすると、コンピュータに障害が生じる可能性があります。』という警告ページが現れ、リンク先ページにアクセスすることができなかった。この現象は、google.co.jpほか、google.comでも発生していた。

Googleは、2006年夏からStopBadware.orgと連携してコンピュータに不正なソフトウェアがインストールされる可能性があると判断した場合、検索結果のサイトに警告文を表示するサービスを提供している。国内事例では過去にモーニングスターのサイトに警告文を表示したことがある。希に誤動作することはあったが、今回は全サイトに警告を発してしまったようだ。

[追記] 今回のウェブ検索サービスの障害について、Googleが公式ブログで説明と謝罪をした。同社の説明によると、定期的に非営利団体StopBadware.orgが示す判断基準をもとに独自でリストを作成・更新している。今回、Googleがリスト更新処理を行う際に、人為的なミスで"/"(スラッシュ)の文字列を誤って含めてしまったという。"/" はどんなURLでも含まれていることから、全てのサイトに警告を発するメッセージが表示されてしまったという。


インデックスに登録されたコンテンツに関する問題: 「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示される検索結果
http://www.google.co.jp/support/websearch/bin/answer.py?answer=45449





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。