Google Matt Cutts、アルゴリズム変更について説明 - 信頼や権威、評判を重視

Googleの社員・Vince氏がかかわった検索ランキングアルゴリズムの変更(Vince's algo Change)について、Matt Cuttsが動画で解説をした。権威や評判、PageRankをより重視。


公開日時:2009年03月11日 09:11

米GoogleのMatt Cutts氏は2009年3月4日、Google Webmaster Central Channel にて、最近のGoogleランキングアルゴリズムの変更について動画で説明を行った。

Is Google putting more weight on brands in rankings?

この話題は、ブログ「SEO Book」のAaron Wall氏が「Googleは検索ランキングにおいてブランドを従来よりも重視するようになったのではないか?」というエントリーを投稿したのがきっかけ。Matt Cutts氏の本ビデオは、この疑問に対する見解を述べるものとなっている。

同氏はまず、確かにGoogleが検索アルゴリズムに変更を加えたことを認めた。ただし、Googleは毎年300から400ものアルゴリズムの変更を加えているが、今回のその1つにすぎないという。今回は開発にかかわった社員の名前にちなんで、Vince's Changeと呼んでいる。

Googleサーチランキングチームは、とりわけブランドという観点で何らかの変更を加えたわけではなく、trust(信頼)、authority(権威)、reputation(評判)、PageRank(ページランク)、High Quality (高品質)といった要素を考慮するようにアルゴリズムを変更したという。ただし、この変更で影響を受けるクエリはきわめて限定的。

#
[UPDATE] 03/11 18:30 文章を書き直しました
本当に些細な変更の模様。むしろ、こんな些細なことでもちゃんとコミュニティに対して回答をするMatt Cuttsが偉い。





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。