Google、検索リファラを変更、検索ランキングデータが取得可能に

Googleが一部ユーザを対象に今週から検索リファラのURLストラクチャを変更。URL内にクリックされたリンクの掲載順位データが含まれるため、参照検索ワードだけでなく、順位も把握可能に。


公開日時:2009年04月16日 10:51

米Googleは2009年4月14日、Google検索リファラのURL構造を変更することを発表した。今週から一部のユーザを対象に変更が実施される。

従来の検索リファラは『http://www.google.com/search?hl=en&q=flowers&btnG=Google+Search』といった構造だが、新しい検索リファラは『http://www.google.com/url?sa=t&source=web&ct=res&cd=7&url=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fmypage.htm&ei=0SjdSa-1N5O8M_qW8dQN&rct=j&q=flowers&usg=AFQjCNHJXSUh7Vw7oubPaO3tZOzz-F-u_w&sig2=X8uCFh6IoPtnwmvGMULQfw』となる。

この新しい検索リファラは、従来の「/search?」の部分が「/url?」に置き換えられる。したがって、現在使用している解析ツールが、Google自然検索の流入と判断するときに「/search?」に依存していると、正確にデータが取得できないので注意が必要。Google AnalyticsとUrchinは対応済み。

また、新パラメータ「cd=」の部分に掲載順位データが含まれる。解析ツールがこの新しいGoogle検索リファラに対応することで、検索キーワードの流入数だけでなく、たとえば、そのキーワードの平均・最高・最低ランキングも取得、レポート結果に掲載できるようになる。


An upcoming change to Google.com search referrals; Google Analytics unaffected [Google Analytics Blog]
http://analytics.blogspot.com/2009/04/upcoming-change-to-googlecom-search.html





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。