Googleウェブマスターツール、インデックス時に無視するパラメータの指定可能に

パラメータつきのページを適切に登録させるための機能がGoogleウェブマスターツールに追加された。「パラメータ処理」を指定することで URLレベルの重複コンテンツ問題を解消可能に。


公開日時:2009年09月17日 13:16

Googleのサイト管理者向けのツール「Googleウェブマスターツール」の新機能として、動的URLの特定パラメータ(引数)を無視する設定が追加されたことが確認された。日本版でもツール管理画面の「サイト設定」→「設定」→「パラメータ処理」から利用できる。

URLにセッションIDや解析用コード、言語などが含まれている時、パラメータが異なる複数のURLが全く同一のコンテンツを表示することがある。たとえば、www.sem-r.com/?camp=ggl と www.sem-r.com/?camp=yhoo は同じコンテンツを指す。Googleの従来の説明では「パラメータを分析して、最も適切なページを登録する (Juliane Stiller, Kaspar Szymanski)」としていたが実際には必ずしも正しい(サイト運営者が希望する)URLが登録されるわけではなかった。

今回のパラメータ処理機能の追加により、指定したパラメータをGoogleに無視させることが可能になった。先の例では camp という文字列を無視させることで www.sem-r.com をインデックスさせることが可能になる。

なお、Yahoo!は従来からサイトエクスプローラーにて同等の機能を提供している。





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。