Google Webmaster Tool、マルウェア検出時の問題コードを特定する機能を追加

グーグル、ウェブマスターツールにてマルウェア検出時の問題コードのスニペットを表示する実験的機能を追加。


公開日時:2009年10月13日 10:47

米Googleは2009年10月12日、サイト管理者向けツール「Google Webmaster Tool」の新機能として、マルウェア検出時に詳細情報を提供する機能を追加した。同機能はLab項目内(ウェブマスター ツール Labs )に実験的な機能をテストする目的で提供しており、随時変更、中断、提供中止される可能性がある。

Malware details (日本版項目名:不正なソフトウェアの詳細)は、サイト上にマルウェアを配布している恐れがあるサイトを発見した場合に、Google Webmaster Toolから具体的にどのコードが問題かを通知する機能。従来からGoogleはユーザに損害を与える恐れがあるマルウェアを検出した場合、検索結果上で「このコンピューターに損害が生じる可能性があります」などの警告メッセージを表示するとともに、サイト管理者に通知を行っている。しかし、サイト管理者が問題のコードのありかを特定するのが非常に困難なケースがあった。

今回の新機能では、Googleが問題があると特定したコードのスニペットを表示するようにした。このコードを手がかりとして、サイト管理者は迅速にサイトから危険のあるコードを除去できるようになる。


Fetch as Googlebot and Malware details -- now in Webmaster Tools Labs!
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2009/10/fetch-as-googlebot-and-malware-details.html





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。