Googlebotが見ている内容を表示する「Fetch as Googlebot」追加 - Google Webmaster Tool

Googlebot(グーグルボット)が取得したページ情報をそのまま表示する「Fetch as Googlebot」追加。ウェブマスターツールから利用可能に。


公開日時:2009年10月13日 10:51

米Googleは2009年10月12日、サイト管理者向けツール「Google Webmaster Tool」の新機能として、クローラ(Googlebot)がウェブページにアクセスした時に見ている情報を表示する「Fetch as Googlebot」機能を追加した。同機能はLab項目内(ウェブマスター ツール Labs )に実験的な機能をテストする目的で提供しており、随時変更、中断、提供中止される可能性がある。

Fetch as Googlebot はURLを指定して送信すると、Googlebotが取得した情報をそのまま表示するツール。サイトに新しい機能を実装した時の検索エンジン対策の状況を確認したり、なぜ特定のキーワードでランキングが改善されないかの原因を探るときなどに活用できると説明している。


Fetch as Googlebot and Malware details -- now in Webmaster Tools Labs!
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2009/10/fetch-as-googlebot-and-malware-details.html





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。