Google、次世代検索技術「Caffeine」プレビューを閉鎖

グーグル、次世代検索技術のサンドボックス(Sandbox)「Caffeine」(カフェイン)を閉鎖。近い将来、データセンターに導入する計画。リアルタイム検索やセマンティック検索への対応目指す。


公開日時:2009年11月11日 06:32

米Googleが今週、コードネーム「カフェイン」(Caffeine)と名付けた次世代検索技術のプレビューサイトを今週、閉鎖した。11日(日本時間)現在、同サイトでも公式に終了のアナウンスが掲載されている。

Caffeine UpdateはGoogleが継続的に行っている、検索結果の包括性や関連性を改善するための、検索インフラストラクチャの刷新を図ったもの。検索結果のUIやアルゴリズムの変更などとは直接的に関係ないが、セマンティック検索やリアルタイム検索など、次世代の検索において要求される技術を実装するためのシステム刷新といわれている。

このCaffeineは8月にデベロッパー向けに公開されていて誰でも利用することができた。今回、Googleは十分に多くのユーザにCaffeineを利用してもらったとしてサイトを閉鎖することを決定した。近い将来、1つのデータセンターのシステムをCaffeineにリプレースし、より多くのユーザに利用してもらう計画。なお、Matt Cutts氏はウェブマスターの混乱を避けるため、データセンターへの搭載はホリデーシーズン明けになるとのこと。

Google Caffeine Sandbox
http://www2.sandbox.google.com/





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。