新しいGoogle検索UIを試す方法

Googleの新しい検索画面を誰でも簡単に試す方法。google.com(米国版)のみで日本版(google.co.jp)は不可。


公開日時:2009年11月26日 20:33

先週、検索専門のSearchEngineLandにて、米Googleが一部のユーザに向けて新しい検索結果UI(ユーザ・インターフェース)のテスト提供を行う計画について報じられたが、これを誰でも簡単に試す方法が米Gizmodoにて紹介されている。

Gizmodoの記事"How to Try the New Google Searchによると、方法はいたってシンプル。まず、google.com にアクセスして、続けてブラウザのアドレスバーに以下の JavaScriptコードをコピー&ペーストで貼り付けて Enterキーを押すだけだ。

javascript:void(document.cookie="PREF=ID=20b6e4c2f44943bb:U=4bf292d46faad806:TM=1249677602:LM=1257919388:S=odm0Ys-53ZueXfZG;path=/; domain=.google.com");

この後にgoogle.com (米国版Google)に戻ると、新しいUIのGoogleが表示される。検索結果は左側に "Images"や"Video"、"News"など検索を絞り込むためのオプションや、関連検索ワード、その他、従来の検索ツール(Search Options)で提供されているサムネイル表示や時間軸の指定など、様々な検索絞込みのためのメニューが表示される。メニューもアイコンがあるなど、従来のGoogleよりもカラフルな印象だ。





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。