米Google、リアルタイム検索を発表 -数日内に利用可能に

グーグル、リアルタイム検索を発表。検索結果画面の上部に「リアルタイム検索」枠が設けられ、ここに検索クエリと関連する、もっとも新鮮かつ適切なコンテンツが表示される。TwitterやFacebookなど主要なリアルタイムウェブが対象。数日内に英語圏で利用可能に。


公開日時:2009年12月08日 06:39

米Googleは2009年12月7日、検索クエリと適合するもっとも新しい情報を検索可能な、リアルタイム検索(Real Time Search)を発表した。数日内に英語圏で利用可能になる。

リアルタイム検索は、Twitterに代表されるストリームウェブから、いまの旬な話題や出来事をリアルタイムに検索可能にするサービス。Twitterのユーザ数拡大に伴って、「いま起きている出来事」を知ることへの関心も高まってきていた。ウェブの情報量が爆発的に増えている中、検索の関連性を確保するためにも、検索各社はこぞってこのリアルタイム検索市場に参入してきた。Microsoft、Yahoo!のほか、多くのベンチャー企業がすでにリアルタイム検索に参入している。

Googleは10月下旬にTwitterとの提携を発表し、Tweets(つぶやき)を検索結果に取り込むことを発表していたが、本日、新たにFacebook、MySpace、FriendFeed、Jaikuなどとの提携も発表し、これらソーシャルメディア上のダイナミックに変化するコンテンツも取り込んだリアルタイム検索を発表した。

Googleリアルタイム検索は、検索結果上部に最新のコンテンツをストリーム表示するライブアップデートの枠を設けた(例 Googleと検索した時のリアルタイム検索結果)。ここに数秒前に公開されたばかりのブログ記事やニュースのヘッドラインに加えて、TwitterやFacebook、FriendFeedで流れているリアルタイムコンテンツを表示する。このリアルタイム検索の特徴は、たとえ注目されていないニュースであっても、その出来事が起きた直後にそれを検索可能にしている点だ。たとえば公式ブログでは、キーワード「GM」で検索した際に、同社のニュースヘッドラインが掲載されている直下にGMのCEOが辞任するというTwitterのつぶやきがライブアップデートで表示されている事例を紹介している(公式ブログの画面キャプチャを参照)。

検索ツール(Search Options)で検索対象をフィルタすることで、TwitterやFriendFeed、Jaikuなどのマイクロブログに限定した検索結果を表示することもできる。この機能はAndroid端末やApple iPhoneなどの携帯端末からも利用可能。

このリアルタイム検索は、数十億のドキュメントの監視と毎日の数百万ものリアルタイムな変更を処理するための数々の新しい検索技術によって支えられていると説明。また、これらの技術だけでなく、FacebookやTwitterをはじめとするパートナーのサポートがなければなしえなかったとも述べている。

Googleリアルタイム検索はまず米国で開始され、2010年第1四半期中に他の言語に随時、対応していく計画。[UPDATE] グーグル、リアルタイム検索が日本語対応 (2010/02/11)


[追記] Google Trendsからリアルタイム検索を試すことができます。実際に、検索結果表示中もリアルタイムに情報が更新されていくことを確認できます。



Relevance meets the real-time web [Google]
http://googleblog.blogspot.com/2009/12/relevance-meets-real-time-web.html

#
Googleは、つぶやきの信頼度や重要度をどうやって判定しているんだろう、とか、どんな種類の検索クエリの時にリアルタイム結果枠を出すんだろうとか、いろいろ興味深いところあり。リリースされた後にレビューをしたいと思います。





記事カテゴリ:Google 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。