米国務長官、中国政府に説明求める - Google中国へのサイバー攻撃に関して

Googleの中国撤退問題。中国政府「ウェブ企業は法律に従わなければならない」 Google中国撤退報道について言及。米国政府は中国に説明求める。


公開日時:2010年01月14日 18:28

中国外務省スポークスマンは2010年1月14日、「中国はインターネット企業を歓迎するが、中国国内の法律に従ってもらう必要がある」と述べた。昨日のGoogleの中国撤退報道について初めて公式に言及した。中国共産党の機関紙・人民日報も、政府の情報統制に従うよう報じている。

Googleは1月13日、同社公式ブログで中国人権活動家のGmailに対するサイバー攻撃があったことを公表。中国政府の関与を直接明言しているわけではないが、検索結果の検閲をこれ以上続けるつもりがない意向を明らかにしている。今後、情報検閲のない検索エンジンの運営の可能性について、中国政府と交渉していく構えだ。

さらに、公式ブログでの宣言から数時間後、google.cn のフィルタリングを解除し、従来は検閲により規制されていた、天安門事件やダライラマの写真やウェブページが検索結果に表示されるようになった。

Googleは中国政府との協議を進めようとする一方、米国政府の力を利用して中国に圧力をかけ、譲歩を引き出そうとしている。ヒラリー・クリントン米国務長官は同日、「申し立てについてGoogleから説明を受けている。我々は中国政府に説明を求める」とコメント。サイバースペースで安心して事業展開できる環境が整うことが、現代の社会と経済にとって重要だと述べている。

中国政府は対抗措置として、中国国内からGoogle公式ブログへのアクセスを遮断する措置をとった。国内で同ニュースの報道が広がるのを防ぐためだ。


Statement on Google Operations in China
http://www.state.gov/secretary/rm/2010/01/135105.htm





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。