キーワードあたりの広告数、Googleは4.97、Bing は 3.39 - 米AdGooroo

Competitive Intelligenceの米AdGoorooが2009年第4四半期のSEMレポートを発表。


公開日時:2010年01月22日 14:16

米AdGoorooは2010年1月19日、2009年第4四半期の検索マーケティング市場を総括したホワイトペーパー「Search Engine Advertiser Report」をリリースした。

同レポートによると、2009年12月にGoogleの全アクティブ広告アカウントの5.3%程度に相当する3万の広告主がアドワーズ広告の利用を停止。これに伴い、過去12ヶ月に渡り順調に推移してきた 1キーワードあたりの広告数(Ads Per Keyword)も前月の5.48から4.99に減少した。ただし、この影響は限定的だとしている。

Googleを利用する米小売上位80社の広告予算消化額は堅調で、同年第4四半期は前期2億6,400万ドルから12.5%成長の2億9,800万ドルに達している。

米国を含む海外市場の検索エンジン別の広告主の割合は、Googleが81.0%、Yahoo! 26.7%、Bing 11.6%だった。

検索広告の予算金額が多いトップ25の企業として、Googleは amazon.com、ask.com、att.com、bing.com、eBay.com、mapquest.com、sears.com などの名前が挙がっている。


Share of Advertisers by Search Engine AdGooroo Search Engine Advertiser Report<br />

Average # Ads per keyword AdGooroo Search Engine Advertiser Report<br />

2009 Regailer Search Spending Top 80 Retailers, Google US





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。