米Google、ソーシャル検索をベータ版として公開

グーグル、ソーシャル検索のベータ版を開始。Google Profileに登録したサイトからソーシャルサークル(交流関係)を判断して、検索結果の関連性を高めていくサービス。


公開日時:2010年01月28日 13:23

米Googleは2010年1月27日、ユーザの交流関係データに基づいて関連性のある検索結果を表示する、「Google Social Search」(グーグル・ソーシャル・サーチ)をベータ版として公開した。

[UPDATE] 2011/05/19 Google、ソーシャル検索 日本語版を公開

ソーシャル検索は、ソーシャルサークル(交流関係、あるいはソーシャルグラフ)を参照して検索結果をカスタマイズする検索サービス。2009年10月下旬に実験的機能として、オプトインしたユーザを対象に提供されていたが、同日よりgoogle.comでベータ版として全ユーザに提供される。

たとえば、同じ飲食店のレビューでも、知人が書いたレビューの方が参考になることは少なくない。こうした、人間関係的に適合性の高いコンテンツを提示するのがソーシャル検索の狙いだ。ベータ版提供にあわせて、Googleイメージ検索にも対応して、PicasaやFlickrで共有されている、知人が作成したイラストや写真も検索結果に表示されるようになった。

Googleソーシャル検索の人間関係データは、ソーシャルサービス(Facebook、MySpace、Twitterなど)、Gmailコンタクトリスト、RSSフィードの購読先、Flickr、Picasaなどを参照している。同社のGoogle Profileにこれらを登録することで、自分と関係があるユーザの検索結果に反映され、ソーシャル化していく。検索結果画面に表れる「My social circle」「My social content」のリンクを辿ることで、Googleが参照するソーシャルサークルの一部を確認できる。

Search is getting more social
http://googleblog.blogspot.com/2010/01/search-is-getting-more-social.html

cf.
Googleソーシャル検索、Twitterフォローした相手のコンテンツ表示を開始 SEM R

[UPDATE] 2010年の公開ベータ版後、多くの改良を加えた末、2011年5月に日本でもソーシャル検索がリリースされている。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。