SEMPO Japan 「日本におけるSEM利用状況調査2009」発表

SEMPO Japanによる日本のSEM利用状況調査。SEOの一環としてリスク承知で有料リンクを利用する用意があると回答したのは56.7%。


公開日時:2010年03月19日 15:09

検索エンジンマーケティング(SEM)の業界団体・SEMPO Japan(センポジャパン、共同会長:深澤幸一郎、ハント肇子)は2010年3月17日、「日本におけるSEM(検索エンジンマーケティング)利用状況調査」を発表した。

同調査は、「国内におけるSEMの利用状況把握」を目的とし、自社のインターネットマーケティングに携わる方を対象に、インターネットを利用して2009年9月1日(火)から2010年1月29日(金)まで実施。有効回答者108名(内訳:一般SEM利用企業61社、SEM会社17社、SEM非利用者30社)。

SEMをもっとも重要と認識している企業は19.4%、とても重要と認識している企業は52.8%と、回答があった企業の72.2%はSEMを非常に重要なマーケティング手段であると考えていることが明らかになった。

SEOの実施方法についても質問した。SEOを100%社内で対応している企業は38.9%、一部をSEM会社に外注し、大部分の作業を社内で実施している企業も38.9%あり、中小企業においてはSEOをインハウスで実施する傾向が高まりを見せている。また、検索連動型広告については、100%社内で運用している企業が41.4%、また、一部をSEM会社に外注しているが大部分の作業を社内で行っている企業が24.1%と、検索連動型広告も社内で実施することがより一般的になりつつある。

外部リンクの対策方法に関する質問では、何らかの有料リンクを購入している企業が26.7%。さらに、今後リスクを承知の上で有料リンクを購入する意向を示した企業は過半数の56.7%だった。


#
あらら、意外と有料リンクを使う傾向があるのねと思って調査票を確認してみたら、こんな感じでした。同調査の一般SEM利用者アンケートより一部を引用します。

17. 外部リンクについてどのような対策を行っていますか?

主要ディレクトリー登録
リンク依頼
有料リンク購入
特に何も行っていない
その他


19. 有料リンクの購入は、検索結果順位の低下などのペナルティを受ける可能性があると言われていますが、これについてどのように考えていますか?

効果があるのであればリスクを承知で積極的に利用したい
リスクが深刻な問題となるまでは利用したい
必要があれば今後利用するかもしれない
検索エンジンから奨励されていないものは利用するつもりはない
リスクについて知らなかった


SEMPO Japan「日本におけるSEM利用状況調査2009」 ~中小企業のSEM対策:外部リンク対策とソーシャルメディアに関心~
http://www.sempo.jp/contents/19/50/





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。