Google、中国の検索検閲撤廃、香港経由で継続

グーグルが中国での検索検閲を廃止、今後は香港経由で検閲のない検索サービスを提供する。


公開日時:2010年03月23日 07:18

米Googleは2010年3月22日、中国国内の検索サイト google.cn におけるウェブ検索などの自主検閲の撤廃を発表した。

今後、香港でホストするサーバ(google.com.hk)経由で検閲のない検索サービスを提供する。中国本土のユーザは google.cn にアクセスすると google.com.hk にリダイレクトされ、中国語(簡体字)が利用可能で、香港ユーザも継続して中国語(繁体字)の検閲無しの各種サービスを利用できる。Googleによると、今回の検索システムの移行作業が完了するまでの間、一時的に同社の各種サービスが利用できない場合があるとしている。

Googleは中国政府と交渉を重ねてきたが、中国側は検索の自主検閲は交渉の余地が一切ない法的要求であることを明確に主張し、交渉は決裂。Google 最高法務責任者・David Drummond氏は同社の公式ブログの中で、香港経由による検閲無しの検索サービス展開は合法であり、中国政府が同社の決断を尊重することを願うと述べたが、サービスが妨害される可能性があるという。

Googleは中国国内の研究開発や営業活動は継続していくが、営業部隊の規模は、中国本土のユーザが今後もgoogle.com.hkにどれだけアクセスできるかに左右されるという。また、同社は最後にこれらの決定は米国のGoogle 幹部によってなされたものであり、中国国内の従業員は、その責を負うものではないことを明確に述べている。


Google Hong Kong
http://www.google.com.hk/

A new approach to China: an update
http://googleblog.blogspot.com/2010/03/new-approach-to-china-update.html

China service availability
http://www.google.com/prc/report.html#hl=ja

cf.

Google、中国から撤退か Google.cn 閉鎖の可能性も (2010/01/13)

Google、中国市場からの撤退を正式決定? (2010/01/16)

Google、中国撤退の正式決定報道を否定 (2010/01/16)





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。