Googleウェブマスターツール、順位ごとの表示回数やクリックスルー情報を閲覧可能に

グーグル、ウェブマスターツールの「上位の検索クエリ」を刷新、順位ごとのインプレッションやクリックスルーを確認可能に。


公開日時:2010年04月15日 12:22

米Googleは2010年4月14日、サイト管理者向けのツール「Googleウェブマスターツール」で提供する「上位の検索クエリ」を刷新し、詳細データを閲覧可能になったことを公式ブログで発表した。

「上位の検索クエリ」は、当該サイトが検索上位によく表示されるクエリと、クリックスルーが多いクエリの平均順位を表示するレポート。同機能がリニューアルされ、新たに検索クエリの、順位ごとのインプレッション(表示回数)とクリックスルー、さらに同クエリでヒットしたページの詳細データが閲覧可能になった。時系列の表示回数とクリックスルーは画面上部にGoogle Analytics風のチャートで確認できる。

従来までの、検索クエリトップ100までの表示制限も撤廃され、数多くのキーワードで流入があるサイトの場合は画面下のページ送り(ページネーション)でテールの検索クエリの状況も見ることができる。

Googleは毎日、インデックスを継続的に更新しているのに加えて、話題性の高いページを一時的に上位に表示したり(QDF)、パーソナライズ検索やソーシャル検索、リアルタイム検索、ユニバーサル検索など、ユーザに最適な検索結果を提供するために様々な技術が用いられているために、同一ページ・キーワードでも同日の朝・昼・夜・深夜で順位が大きく変わる場合がある。今回の新機能は、キーワードの順位ごと(1~10位とSERP2~3ページ目まで)の表示回数、クリックスルー(数、率)、ヒットしたページなど、自然検索におけるサイトのパフォーマンスを数値で確認できるため、SEOの効果検証の1つの材料として活用できそうだ。

More data and charts in Top Search Queries [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2010/04/more-data-and-charts-in-top-search.html

#
これがGoogle Analytics で参照可能になると便利なんですけど コンバージョン(CVR)と紐付けると面白いですよね  インプレッションの数字の算出はよくわかりません。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。